古いマットレスの処分で買取業者や自力解体を試したけど粗大ごみが一番楽でした

新しいマットレスを買い替えるタイミングは今まで使っていた古いマットレスの処分が必要です。

今はリサイクル業者など古いマットレスの買取サービスから、ジモティーやヤフオクやメルカリやフリマアプリで不用品の売買も便利な時代です。

また、ニトリなどで新品のマットレスを購入するときに古いマットレスを引き取ってくれるサービスもあります。

とはいっても、古くなったマットレスは結局粗大ごみとして出すのが労力と費用の面で一番確実です。

古いマットレスを粗大ごみで捨てる場合の費用と手順

古いマットレスは粗大ごみとして処分するのが最もポピュラーな方法だし一番おすすめです。

マットレス粗大ごみ

マットレスを粗大ごみとして処分する場合の費用相場

マットレスを粗大ごみとして処分するときの費用はサイズ、マットレスの種類、自治体によって違いますが日本全国の費用相場は1,000~2,000円。

例えば東京都足立区の場合、

  • シングルはA券200円1枚, B券300円2枚の計800円
  • セミダブル、ダブルがB券300円4枚の計1,200円

A券とかB券はコンビニで「粗大ごみのA券、B券」と言えば通じます。

詳細は東京の粗大ごみ受付センターをご覧ください。

北海道札幌市の場合、

  • ボンネルコイルやポケットコイルなどスプリングがある場合は1,800円
  • 高反発マットレス、低反発マットレス、エアウィーブなどのコイルスプリングがない場合は200円。

詳細は札幌市の大型ごみ手数料をご覧ください。

大阪市の場合、

サイズや種類に関係なくマットレスは200円でかなり安くて親切ですね。

詳細は大阪市の粗大ごみ処理手数料一覧をご覧ください。

自治体によってマットレスの種類やサイズによって違ってくるので、”マットレス処分 〇〇市”などあなたがお住まいの市町村で検索すると、各市町村役場のHPで各粗大ごみ費用が一発で分かります。

マットレスを粗大ごみとして処分する手順

粗大ごみの手続きが初めてという人、マットレスを処分するのが初めての人は面倒と思うかもしれませんが簡単です。

①粗大ごみとして捨てる場合は「粗大ごみ処理券」を買う

粗大ごみ券

各自治体のマットレスの回収処分の料金を確認した後にコンビニなどで粗大ごみ処理券を買う。

市町村によって粗大ごみ処理券とか大型ごみ手数料シールなど呼び方が違いますが、

マットレスの処分費用をネットで確認するのが面倒な場合は市町村の役場に電話すれば教えてくれます。

②自治体へ回収依頼

自治体の粗大ごみ受付センターへ電話かインターネットで申し込み(場所を日時を決める)

古いマットレスは買い取ってもらえないと思って下さい

色々な買取業者、リサイクル業者さんがいますが基本的に古いマットレスは買取業者でも買い取ってもらえません。

古いマットレスを買い取ってもらえる条件と買取価格の相場

買い取ってもらえる条件は

  • マットレスのシミや黒カビなどの汚れがない
  • マットレスのへたりや歪みがない
  • 有名ブランドのマットレス

何かの事情があって新品同様のマットレスを処分しなくてはいけない場合は買い取ってもらえる場合もありますが、何年も使ったマットレスは必ずどこかにシミやへたり、歪みがあるので買取は現実的に不可能です。

もしかしたら0%で買い取ってもらえるので、粗大ごみの手数料よりは安くなる可能性はありますが。

汚れもなく、ヘタリも歪みもないシモンズやシーリー等の有名な高級マットレスの場合は購入価格の20~30%で買い取ってもらえる可能性はありますが、高級ホテルで使われてるような高級マットレスを除けば買取価格も想像を絶するくらい安いのが現実です。

ちなみに介護用の電動ベッドの場合はそこそこの値段で買い取ってもらえるケースが多いですが、マットレスではなくてベッド部分です。

ということで、新品同様のマットレスを処分したい、介護用ベッドを処分したい場合は

”マットレス 買取 〇〇市”などで検索すれば良さそうな業者さんのHPがあるのでダメもとで打診するのもアリです。

マットレスはフリマやオークションでも売れません

実際出品すればわかると思いますが、ヤフオクやメルカリ、ジモティー、フリマアプリでも使い古したマットレスは基本的に無理です。

詐欺的な方法で出点して売り逃げする人もいますが、アカウントの評価を著しく下げるし訴訟問題になるかもしれないので良いことありません。

ボンネルコイル、ポケットコイルマットレスの場合は自力で分解して金属買取業者へ持ち込むことも出来ますが、労力の割にはかなり安い値段になります。

車の場合は廃車買取業者もいますが、寿命が来たマットレスは買取市場は少ないのが現実です。

マットレスを解体して家庭ごみとして処分する方法

古いマットレスを解体して家庭ごみとして処分することも出来ます。

本気になればコイルスプリングマットレスも解体できますが、中途半端にチャレンジして心が折れることもあります。

高反発マットレスや低反発マットレスの場合は比較的簡単

高反発ウレタン、低反発ウレタンマットレスはマットレスをはさみなどでバラバラに解体して、家庭ごみとして小分けにして処分することは可能です。

もともとウレタンはスポンジに近い素材なので解体しやすいです。

また、エアウィーブなどのプラスチック系の素材もバラバラに解体して家庭ごみとして処分できます。

ラテックスマットレス、パームマットレスなどの天然素材のマットレスも同じです。

ただ、実際にトライしてみればわかりますが厚さがあるベッドマットレスを解体するのは心が折れます。

私も実際にトライしたけど、途中で面倒くさくなって粗大ごみに出しました。

ベッドパッドやマットレストッパーなど薄いマットレスだったら簡単ですが、厚みがあるのは結構難しいです。

ボンネルコイルやポケットコイルマットレスは金属があるので、現実的に一般家庭で分解して処分するのは諦めてください。

ニトリなどで新品マットレス購入時に引き取りってもらうことも出来ます

ニトリ、無印、フランスベッドで新しいマットレスを買った場合は古いマットレスを引き取ってくれるサービスがあります。

ただ、引き取り手数料はかかります。

ニトリや無印やフランスベッドなど店舗によって違いますが、古いマットレスを引き取ってもらう場合の手数料は3,000円前後。

そうです、粗大ゴミとして処分するよりも倍以上の出費になるんです。

ただ店舗によっては無料で引き取ってくれたりするケースもあるので、新品のマットレスを店舗購入する場合は古いマットレスの無料引き取りを諦めずに打診してみるのもありです。

「古いマットレスを無料で引き取ってくれるならこのマットレスを買おうかな~」といった具合で。

家電量販店での値引き交渉に近い感覚で、大阪のおばちゃんだったら簡単にやってのけそうです。

まとめ!マットレスを処分するのは粗大ごみが一番

フルマットレスを処分する時、状態が良い高級ブランドマットレスだったらリサイクル業者さんなどが思わぬ高値で買い取ってくれることもありますが、一般的にフルいマットレスはシミや黒カビ、ヘタっていたりするもの。

古くなって寿命が来たマットレスを処分するのは粗大ごみとして処分するのが一番です。

なんだかんだ手数料も安いので。

重いマットレスを粗大ごみとして出したいけど、所定の場所に持っていくことが難しい障害者の方や高齢者の方でも、各自治体では職員さんが運んでくれるゴミ出し支援もあります。

古いマットレスの処分についての結論としては日本の行政サービスを上手に利用するのが一番簡単です。

タイトルとURLをコピーしました