マニフレックスメッシュウィングの口コミ・評価!比較すべき3つ折りマットレスまで徹底解説

高反発マットレスで有名なイタリアのマニフレックスが、日本人の生活スタイルや日本の気候に合うことを前提にした折り畳みマットレスのメッシュウィング。

マニフレックスメッシュウィング

マニフレックスの色々な高反発マットレスの中でもメッシュウィングは日本で一番売れてるマットレスです。

今回はメッシュウィングを試した感想から口コミ、そして比較してほしい折り畳みマットレスまで解説します。

マニフレックスメッシュウィングの口コミにある賛否両論

メッシュウィングの口コミは賛否両論色々ありますが、人気がある=使ってる人が多いマットレスでは自然なこと。

満足度は高くて、長年のマニフレックスユーザーにとっては寝心地はもちろん折り畳みの収納のしやすさがかなり高い評価ですが、高反発マットレスをはじめて使う人にとっては想像以上に硬かったという低評価も。

折り畳みマットレス特有の折り目の隙間が気になるかどうかなど参考にしてください。

メッシュウィングの高い評価

メッシュウィングに高い評価をした人、満足した人はずっとマニフレックスを使っていた人が買い替えたパターンが多いです。

この高反発がたまりません。もう10年以上ずっとこれ。ヘタって来たので買い替えました。

厚みが薄い所以少し地面のかたさを感じますが、分割の隙間は気になりませんでした。

和室で使うのに適していて布団より取り扱いが楽です。

柔らかいマットレスを使っていたら腰が痛くて高反発マットを探していました。

毎日安眠できるようになったし腰もかなり楽になりました。買って良かったです。

体を支えてくれて気持ちが良いです。簡単に三つ折りになるので運ぶのも楽。

カバーのカラーバリエーションがもっとあると良いけど。

和室で使っていますが、三つ折り部分は気になりません。

一ヶ月程使用しています。腰痛持ちですが、起きた時の腰の痛みは今のところ無く快適です。

同僚が使ってて良かったと聞いたので自分も買いました。

高反発マットレスは初めてですが、硬くないけどしっかりしてる寝心地はパーフェクトです。

メッシュウィングは安くて粗悪な折り畳みマットレスによくありがちな、折り畳み用のマットレスの境界線に隙間ができたり、寝心地に違和感を感じる、といってことがない品質の高いつくり。

そして、マニフレックスならではのハードな寝心地が体に合う人が寝つきやすさや寝起きの腰痛が楽になるなどの高い評価を得てます。

不満を感じた人の口コミ

一方、実際使った人の中でメッシュウィング否定派はいます。

今までフローリングにコルクマット+低反発マットレスで寝ていましたが、レビューが良かったので購入したけどはっきり言うと、ただの固いマットです。

横になるとほとんどへこみません。

参考までに、身長178、体重63kg、体脂肪率13%前後。

メッシュウィングを使ってからさらに肩こりがひどくなりましたので、今は、元のマットレスで寝ています。

多分、身長が低く、体重がある人だと、重心が偏るためいい具合に調整されるのかもしれませんが、高身長やせ型の人には低反発のがいいと思います。

反発力が強く腰が浮いてしまって朝起きると肩や腰が痛く感じます。

昼ごろまで続くのでつらいです。

私は体重50キロですがフィット感があるのはもうちょっと筋肉質の人か体重が重い人が良さそうです。

メッシュウィング否定派の人の口コミで一番多かったのが、硬すぎて体に合わない(腰の部分が浮いて余計負担がかかる)というもの。

最初の数日間は違和感があっても体が馴染んでよくなることもありますが、細身の体型の人は特に1週間以上使っても寝心地が慣れないリスクがあります。

マニフレックスメッシュウィングを使った私の感想と評価

ここまでマニフレックスメッシュウィングを使った人の口コミを紹介しましたが、ここからは体重70キロの私が使った感想です。

安い折り畳みマットレスにありがちな折り目の違和感はない

マットレスのコスパという言葉をよく見かけますが、安くても寝心地が悪かったり劣化が早ければ数年スパンで見たらコスパは悪くなります。

特に、折り畳みマットレスの場合は安いけど品質の悪いものも多くて折り目の部分に隙間が出来たり新品だけど最初から折り目部分の寝心地が気になることもあります。

メッシュウィングは折り畳みマットレスとしてはかなり緻密で高い品質なので隙間は全く気にすることない寝心地なので安心できます。

硬めだけど246よりは良い寝心地

マニフレックスで同じ弾力性のモデル246がありますが、メッシュウィングは246より寝心地は良いです。

246もメッシュウィングも使われてる素材はエリオセルというマニフレックス独自のウレタン素材ですが、側地の肌触りの良さはメッシュウィングの方が上。

好みにもよりますがマニフレックスモデル246は側地が硬すぎで尾てい骨がちょっとこすれる感覚がありましたが、メッシュウィングのメッシュ生地は肌触りがよいので気になりません。

モデル246とメッシュウィングで比較するなら迷わずメッシュウィングをおすすめします。

マニフレックスメッシュウィングがおすすめの2タイプ

硬めのマットレスが体に合う人、特に畳部屋で寝るけど布団だと寝心地が物足りない人にとってはメッシュウィングの収納性の高さは本当に便利です。

マットレスの収納性を重視する人

良いマットレスは色々ありますが、フローリングや畳に敷いて使う場合には手軽に収納できる折り畳みやすさは必須。

マニフレックスメッシュウィングは3つ折りマットレスで、折り畳み部分の隙間も感じないので良質な寝心地、と収納性の高さの面ではかなり満足度が高いマットレスです。

収納性の高さとマットレスの品質の良い寝心地でいえばニトリの点で支える敷布団・高反発マットレスと比べてもいいですね。

硬めの高反発マットレスが合う人

一方で、何となく高反発マットレスが腰痛に良いというイメージだけの人にとってはちょっと硬すぎて寝心地が悪く感じるかもしれません。

弾力性の高い高反発マットレスが誰にでも合うとは限らないので、自分の体格・体重に合った弾力性のマットレスかどうかは重要です。

高反発マットレスといってもマットレスの弾力性や体とのフィット感は使う人の体格によって違ってきます。

特に細身の女性はメッシュウィングは弾力性が高すぎて腰とマットレスにフィットしないので腰痛になることもあるので注意が必要です。

マニフレックスメッシュウィングのサイズ別と価格の最新情報

メッシュウィングはイタリア生まれのマニフレックス社が日本の環境や日本人の生活スタイルに合わせて、畳部屋でも布団のような収納性と夏でも極力快適な肌触りをコンセプトに開発された折り畳みマットレス。

マニフレックスは弾力性が高く硬めのマットレスからソフトタイプのマットレス、フラッグFXのような高級志向のマットレスまで色々なシリーズがありますが、日本で一番人気が高いのがメッシュウィングです。

サイズはセミシングルからクイーンまで6種類

メッシュウィングはセミシングルからクイーンサイズまでの6種類。

特に折り畳みマットレスでクイーンサイズを使うケースは中々ないかと思いますが、マニフレックスらしくサイズバリエーションは豊富です。

サイズ 価格 大きさ(cm)
セミシングル 28,600円
  • 幅:80
  • 縦:198
  • 厚さ:11
シングル 31,350円
  • 幅:80
  • 縦:198
  • 厚さ:11
シングルロング 40,040円
  • 幅:80
  • 縦:210
  • 厚さ:11
セミダブル 42,900円
  • 幅:117
  • 縦:198
  • 厚さ:11
ダブル 54,450円
  • 幅:137
  • 縦:198
  • 厚さ:11
クイーン 66,000円
  • 幅:157
  • 縦:198
  • 厚さ:11

身長が190cm以上の人向けのシングルロングがあるのもメッシュウィングの特徴。

クイーンサイズの幅はちょっと狭めなので2人で使うには向いてません。

メッシュウィングの素材や硬さ

素材 高反発ウレタン(エリオセル)
硬さ(ウレタンの反発力) 170ニュートン
寿命 10年
保証 10年

素材は高反発ウレタンでマニフレックス社が開発した170ニュートンの反発力と通気性の高いエリオセルが使われてます。

ニュートンはマットレスは弾力性や寝心地で体感する硬さの指標で、170ニュートンは高反発マットレスの中でも弾力性が高い方ですがあまりニュートンの値にはこだわらないようにしてください。

マットレスによっては170ニュートンより低くてもメッシュウィングより硬さを感じるものもあれば、その逆もあるので。

実際に寝た感覚では、体重70キロの私にとってもそこそこ硬い寝心地だったので柔らかめの寝心地が体に合う人には向いてません。

メッシュウィングと比較してほしい折り畳みマットレス

メッシュウィングはそこそこの硬さのある折り畳みの高反発マットレスなので、硬めのマットレスが体に合う人にとっては、耐久性の高さや収納性の良さで一押しのマットレスです。

同じレベルの硬さと品質で比較してほしいのはニトリの点で支える敷布団・高反発マットレスで、メッシュウィングよりも低価格ですがしっかりとした作りで耐久性も問題ありません。

メッシュウィングが面で体を支える寝心地に対して、ニトリの点で支える敷布団・高反発マットレスは点で支えるので寝心地は好みがあるということだけ覚えてください。

また、もう一つメッシュウィングと比較してほしいのはエアウィーブのスマートZ。

スマートZはメッシュウィングと同じレベルの硬さの寝心地の折り畳みマットレスで、最大の特徴はカバーも芯材も丸洗いできるというところ。

価格はメッシュウィングより少し高いですが、メッシュウィングより清潔さの高さを求める人にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました