ニトリ圧縮マットレスプレッサ100の口コミ・評価!再圧縮や引っ越しも解説

評価の高い口コミ
  • 車でも原付でも持ち帰れるポケットコイルマットレス
  • この低価格のポケットコイルは言うことなし!
  • 柔らかな寝心地が気に入ってる!
評価の低い口コミ
  • 腰痛持ちにはもうちょっと硬めが良かったかも
  • 最初はちょっと臭いが気になるかも

ニトリの圧縮ポケットコイルマットレスプレッサ100の3つの特徴

何年か前にニトリの高反発マットレスを試したけど、薄いこともあって底付きもあるし寝心地も良くありませんでした…。

そんな私の少ない経験だけで、今までニトリのマットレスは安かろう悪かろうというイメージがどうしても拭えませんでしたが、

最近話題になってるニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスのプレッサ100はやっぱり注目してしまうし、「さすがニトリ!」と唸ってしまうほど。

もともとニトリのポケットコイルマットレスはNスリープが主役だったんですが、

「運搬の手間を省略化できないか」「もっと手軽な価格かつ一定の品質のポケットコイルマットレスを」

ということで圧縮できるポケットコイルマットレスのプレッサ100がニトリの主力マットレスになってます。

プレッサ100

今まで寝心地の悪いボンネルコイルマットレスを使っていた人にとって、ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスはメリットがたくさん!

個人的にニトリのウレタンマットレスはいまいちのモノが多いですが、ポケットコイルマットレスはかなり素晴らしいと実感してます。

①買ってすぐに持ち帰れる革命的なポケットコイルマットレス

今までのポケットコイルは注文してから配送してもらうのが一般的でした。

大きめの車を持ってる人で、何人かいれば自分でも持ち運びできますが、自宅についてからの搬入も面倒だし。

それがコンパクトなサイズで軽量化されているので店舗から自宅までの持ち運びも楽。

軽自動車でも原付に括りつけても、近所だったら手で持って帰れるのが大げさ化に聞こえるかもしれませんが革命的なポケットコイルマットレスです。

また、自宅に持ち帰ってベッドの上に敷いて開封したらすぐに使えるのもすごいです。

ニトリ圧縮マットレス

開封時に臭いが若干気になり本来の寝心地になるまで1,2日必要ですが、初日からでも十分寝れます・

②ポケットコイルマットレスとしは破格の安さ

ポケットコイルマットレスはポケットにたくさんのコイルスプリングを敷き詰めたマットレスなので、ボンネルコイルマットレスと比べると作りも繊細で高級マットレスの部類でしたが、

ニトリのプレッサ100はシングルサイズで約1万円の値段というのが素晴らしい。

確かに楽天やAmazonで激安のポケットコイルマットレスはありましたが、売り逃げというか低品質のマットレスばかりなので。

ニトリブランドのマットレスは一定以上の品質があるのは断言できます。

ポケットコイルマットレスというと高級マットレスのシーリーやシモンズが有名ですが、10倍以上安いニトリのプレッサ100と10倍以上の寝心地があるかと言われると殆どの人はわからないでしょう。

③ポケットコイルの数はやや少ないかも

ポケットコイルマットレスの最大のメリットは、ポケットに入って独立したスプリングが体を支えるので、体圧分散や寝返り時の振動が他に伝わりにくいというもの。

その意味で、コイルの数は多ければ多いほどポケットコイルマットレスの良さが出てきますが、ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスはポケットコイルの数が500前後とやや少なめ。

同じくニトリのポケットコイルマットレスのNスリープが1,000個前後のポケットコイルが敷き詰められてるので、Nスリープの寝心地を味わった人にとっては迷うところかもしれません。

高級ワインの味を知ってしまった後は安いワインが楽しめなくなるのと同じかもしれませんね。

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスに必要な復元時間

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスは開封してから10分程度でマットレスの形になりますが、店に展示されてる寝心地になるまでは1,2日かかります。

また、開封当初は少し臭いが気になるかもしれませんがこれも1,2日で消えます。

 

エレベーターがない階段のアパートでも軽々持ち運びが出来ますが、本当の大きさ寝心地は3日目くらいです。

「買った当日は寝れないの?」と思うかもしれませんが、寝るには十分。

本来の寝心地、形になるまでに寝てもマットレスが大きく痛むことはほぼないです。

当日は若干寝心地は良くないかもしれないので、本来の寝心地から始めたい人は少し待つこと!

引っ越しが近い人はチェック!ニトリの圧縮マットレスは再圧縮出来る?

残念ながらニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスは再圧縮をすることは出来ません。

ウレタンマットレスの場合でも真空パックに入れて圧縮するのは難しいです。

ポケットコイルマットレスは金属のスプリングが入ってるのでなおさらで、特別な技術を使って圧縮してるので再圧縮前提で買うのはやめましょう。

引っ越しがすぐに迫っている、自宅の中で色々な場所にマットレスを移動したいという場合でも、あくまでもニトリの圧縮マットレスは店舗から自宅までの持ち運びが便利という点をお忘れなく!

マットレスの処分する時も同じで、粗大ごみではポケットコイルマットレスとして扱われます。

マットレスの処分が無料で出来る最もお得な方法!
新しいマットレスを買い替えるタイミングは今まで使っていた古いマットレスの処分が必要です。 今はリサイクル業者など古いマットレスの買取サービスから、ジモティーやヤフオクやメルカリやフリマアプリで不用品の売買も便利な時代だし、 ニト...

プレッサ100とNスリープ腰痛持ちにどっちがおすすめ?

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスプレッサ100の硬さの表記は「ふつう」ですが、実際に使ってみるとちょっと柔らかく、沈み込みが気になります。

一方、Nスリープは「ふつう」「かため」とマットレスの硬さは2種類ありますが、どちらも体格に合わせて硬さを選ぶ基準などがないので実際に近くのお近くのニトリの店舗で試すのがおすすめです。

 

腰痛に人気のマットレスは寝心地だけじゃなく、実際に腰に負担がないかどうか使ってみなくちゃ分からない部分がありネットで購入する場合はお試し返金保証などを付けてるマットレスも多いですがニトリはないのが少し残念。

出来れば体重別に最適なマットレスの硬さが選べるようになってほしいところですが、そうすると価格も上がってしまうんでしょうね。

ということで、ニトリの公式発表ではありませんが圧縮型ポケットコイルマットレスは体重60~70キロ前後までと考えるのがおすすめです。

それ以上だと人によっては腰が沈み込んだり、寝返りの打ちにくさを感じるケースはあります。

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスのプレッサ100の基本情報

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスは色々ありますが、今回は最も手ごろな価格のポケットコイルマットレスプレッサ100について。

プレッサ100の基本情報

サイズ シングル セミダブル ダブル
価格 11,880円 15,176円 20,268円
ポケットコイルの数 420個 540個 630個
97cm 120cm 140cm
196cm
厚さ 12cm
重さ 22kg 24kg 26kg
保証 5年間の品質保証

ポケットコイルの他に、詰め物はウレタンとコットンが使われていて、コイルがゴツゴツ当たる感覚は心配しないで大丈夫です。

返金保証がないので、マットレスの硬さが体に合うかどうかは実際に店舗で試してみることをおすすめします。

⇒プレッサ100の詳細や口コミはこちら

まとめ

ニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスは今回ピックアップしたプレッサ100以外にもポルタ2、アビーCR、Nスリープもあります。

より高い品質を体で知っている人にとってはニトリの圧縮型ポケットコイルマットレスの寝心地に物足りなさを感じるかもしれません。

ただ、新社会人やポケットコイルマットレスを初めて試す人にとってはシーリーやシモンズの高級マットレスよりはかなりのコスパを実感するのは間違いありません。

マットレスが柔らかすぎるのを除けば、ポケットコイルとしてはかなり良いです。

ポケットコイルマットレスの魅力は寝返りの振動が他に伝わらないこととスプリングの耐久力。

寝心地は詰め物によって左右されますが、新婚夫婦や引っ越しでマットレスを替える時に2人で使えるマットレスとしてもおススメです。

品質を重視するなら、より長く良い寝心地で長く使うには同じニトリのNスリープシリーズの方がいいかもしれません。

NスリープはH20やプレッサ100と比べるとやや高くなりますが、それでも高い品質の割にはかなりよいコスパのポケットコイルマットレスなのは変わりません。

ニトリのマットレスは使う人の体型に合わせた硬さ選びが出来ませんが、全国各地にニトリが出店してるので必ず試すのがおすすめですよ!

⇒ニトリの店舗検索はコチラ

タイトルとURLをコピーしました