モットンのサイズ調査で判明したマットレスの最適なサイズを選ぶ基準

マットレスは一度買ったら何年も使うもの!

広いマットレスであればそれだけ快適ですが、サイズが大ききなる分値段も上がる…。

数年スパンで考えて自分の住環境と体に合った適切なマットレスのサイズ、ご予算に合ったサイズの選び方の判断ポイントになれば幸いです。

マットレスのサイズを決める基準!

マットレスは体格に合った横幅(肩幅、使う人の人数)、縦幅(身長)、厚み(体重)を選ぶのが重要です。

色々なサイズのマットレスがありますが、一般的にはセミシングルからワイドキングまで。

まずは一般的なマットレスのサイズとそれぞれの横幅、縦幅からチェックして下さい。

マットレスのサイズは肩幅と人数

一般的なマットレスのサイズはシングル~ダブルですが、マットレスのサイズは価格に直接関係することもあって、今は選択の幅が広がっていて、セミシングルからワイドキングまで。

マットレスメーカーによってはワイドダブル、ワイドクイーンなどもあります。

原則としてマットレスは寝返りなどの動作を含めて左右に幅に15cm以上の余白が必要です。

日本人向けの縦幅は200cm前後。(欧米のマットレスは210cm前後)

ということを踏まえて、一般的なマットレスのサイズと寝る人の人数をまとめました。

サイズ 横幅(cm) 適した肩幅 適した人数
セミシングル 80 50 1
シングル 97 90 1
セミダブル 120 40~110 1
ダブル 140 50~130 1
クイーン 160 60~150 2
キング 180 70~170 2
ワイドキング 200 70~170 2

マットレスは一人あたり左右に15cmの余裕がほしいので、例えば横幅140cmのダブルサイズを二人で使う場合は一人40cmの肩幅プラス左右の幅15cmずつと考えてください。

その意味で、ダブルサイズはお子さん2人で使うなら大丈夫だと思いますが、大人二人だとちょっときついです。

ラブラブな新婚さんはダブルを使うことが多いですが、結婚生活は長いし、寝る時は一番リラックスできる環境が必要なので2人で使うならキング以上かシングル2つを並べて使うのが絶対的におススメです。

ホテルや旅館で数泊くらいだったらちょっとくらいきつくてもいいですが毎日使うものなのでサイズにはあまり妥協しないことをおすすめします。

ちなみにセミシングルの売れ行きはあまりぱっとしてません。

さすがに一人で使うにしてもちょっと狭すぎますからね。

 

高反発マットレスの場合は寝返りが打ちやすいので、20cm以上はあった方が快適さが違ってきますよ。

ベッドフレームはキング、ワイドキングで用意してシングルマットレスを2つ並べる、

シングルサイズのベッドフレームを2つ用意してぴったりくっつけるのもアリです。

 

小さなお子さんと大人が一緒に寝る場合はシングルとセミダブルがおすすめです。

適切なマットレスの厚さ

マットレスの横幅と縦幅が使う人の体格に合うかどうかですが、マットレスの厚みは寝心地の安定感や底付き感があるかどうか、つまり寝心地を大きく左右します。

1枚だけで使うなら厚さ10㎝以上!

複数のマットレスを重ねて使う、布団とマットレスを重ねて使うのではなく、1つのマットレスを単体で使うなら厚さは8cm以上あった方が良いです。

出来るなら10cm以上がベスト。

中には20cm、30cm以上のマットレスもありますが10cm以上のマットレスは見た目のラグジュアリー感で寝心地にはそれほど大きく左右しません。

逆に分厚すぎるマットレスは見た目はゴージャスですが、シーツの交換やダニ対策、カビ対策のお手入れ時が面倒です。

機能性を重視するなら10cm程度のマットレスがあれば十分!

重ねて使う場合は3cmでも

今使ってるマットレスが硬すぎる、柔らかすぎるっていう場合に薄いマットレスを重ねて敷いて寝心地をアップすることが流行ってます。

この場合は土台になるマットレスが歪んでなければ、薄いマットレスでも大丈夫ですよ。

マットレスの値段は横幅と厚さに大きく左右されるので、薄いマットレスは安いものが多いです。

ただ1枚で使うと尾てい骨が底につく、つまり底付き感が出てしまうので必ず重ねて使うことを前提にしましょう!

適切なマットレスの縦幅

マットレスの縦幅は使う人の身長に左右しますが、たいていのマットレスにほとんど差はないですね。

日本は195cm前後、海外は200cm前後が多いです。

縦幅は寝返りとも関係しないので、ご自身の身長プラス10cm程度あれば十分です。

ベッドフレームと部屋の大きさも重要!

マットレスのサイズを選び基準は、使う人の人数、ベッドフレーム、部屋の広さ、この3つです。

ベッドフレームはあった方が良いですが、今は畳部屋に和布団の代わりにマットレスを直置きして使ってるケースも多いので部屋の種類は関係ありません。

ベッドフレームがあった方が良いのは見た目とカビ対策ですが、フローリングや畳に直接マットレスを敷いても陰干しさえしておけば湿気がこもることはないので大丈夫。

マットレスのサイズはベッドフレームのサイズに合うか、

4畳半なのか6畳なのか、人それぞれですが寝室のサイズに合うのかがまず前提条件になります。

大人2人で寝るのに適したマットレスのサイズは?

クイーンサイズは横幅160cm前後なので一人で広々ゴージャスに使うなら最高ですが、大人2人で使うのはちょっと窮屈です。

キングサイズはセミシングル2人分なので、二人で使うならワイドキングかシングル以上を並べて使うのが最適です。

一度買ったら長く使うものなのでベッドフレーム、又は寝室が広いならセミダブルを2つがベストですね。

高反発マットレスモットンのマットレスサイズ

ウチでは高反発マットレスのモットンを夫婦で使ってます。

当初はクイーンサイズ以上のマットレスを探してましたがモットンはシングル、セミダブル、ダブルの3種類だけだったので思い切ってセミダブルを2つ使ってます。

モットンのサイズ 横幅(cm) 縦幅(cm) 厚さ(cm)
シングル 97 195 10
セミダブル 120
ダブル 140

二人ともセミダブルなのでかなり睡眠環境としては最適です。(妻から「イビキがうるさい!」と怒られることはありますが)

寝室は6畳ですが、ベッドフレームなしで直置きで、寝室は本当にマットレス以外必要最低限のモノしか置けませんがそれが睡眠環境を良くしてます。

モットンは人気のあるマットレスで、クイーンサイズ以上を探す人も多いですがモットンはシングル、セミダブル、ダブルの3種類のみ。

2人で使うならシングル二つかセミダブル2つですね。

マットレスのサイズ選びをまとめると

マットレスに大切なのは自分の体、言い換えれば自分の体重に合った硬さのマットレスを選ぶことがまず一番重要です。

そしてショートスリーパーの人以外、マットレスは一度買ったら生活の2~3割は占める大切なものです。

マットレスが持つ寿命も大切ですが、快適な睡眠環境を実現するにはサイズ選びも重要ですよ。

高反発マットレスのモットンは差額を払えば購入後もサイズの変更が出来るので柔軟性がありますよ。

タイトルとURLをコピーしました